観た海外ドラマ:THE FLASH Season7

フラッシュもシーズン7。ちゃんと調べてないけど、DCのテレビシリーズって各シーズン毎にショーランナーが違うのかな・・・結構面白さにムラがある気がします。でも各主人公キャラごとに世界観は揃っているので(クロスオーバーになると基本フラッシュに寄りガチな印象ですが)そうでもないのかな。

 

そしてシーズン7。話がどんどん文字通りメタになってきて、ついにはスピードフォース以外のフォースも現れしかも人格を持っているという・・・。

あと、古き敵のスピードスターも出てくるんだけど、あれ、まぁいつものことだけど、この人たち過去シーズンで倒されてなかったっけ的な・・・

 

おじさんだからついていけないだけでつじつまはどこかであってるんだっけ?それとも残存した時間軸とかいう必殺技で無理やりつじつまあわせてるのかな?

いわゆるマルチバースはクライシスのせいであれになってるんですが、タイムリープに伴って生まれる複数時間軸の概念はまだ残ってる感じなんですかねぇ・・それとも同じ一本の時間軸が行動により変化してるだけなんだろうか。この辺がいつもわかんなくなります。

 

で、ぶっちゃけると今回の敵はいまいちでしたね。コロナ禍の中でだいぶ撮影は苦労したみたいですが、ちょっともう飽きちゃって来てるのかなぁ感はあり。

シスコもウェルズも降板になるっぽいし・・・正直個人的にはアイリスのくだりのほうがいらんわ感あるけど、彼女いないとドラマっぽいところが成り立たなくなる設定なんですかね・・・今回も夫婦の乳繰り合いとかいらんわ感あったけど。

 

そろそろフラッシュもファイナルシーズン近いか、へたすると途中でぶった切られて終わる可能性でてきたんじゃないかなという予感されるシーズン7でした。(ぶっちゃけここで終わっとけばいいのにという終わりでもあります)

 

観た映画:ゴジラ キング・オブ・モンスターズ

星2.5

 

何でしょうね。映画館で観たら印象が変わるかもしれません。正直家の小さいモニターで観てると何故か眠くなってしまい4,5回かけてようやく最後まで観ました。

が、正直ストリーも一本調子で、あんまりドラマ性もなく、役者とかそれなりにゴージャスだし怪獣もわんさかでるわりには、そのまま終わるっていうね。

 

近年のゴジラ関連コンテンツって結構こう謎を追わせる系の話が多かったのでそこがよかったのですが、この映画はわりと昔ながらのぶーん、どどどーん、どっかーん。系です。

 

それはそれで悪くないとも思うのですが、何度も寝ちゃったので・・・

 

あと、エンディングロールでかかる曲はブルー・オイスター・カルトゴジラですが、オリジナルじゃなくてカバー?あれオリジナル曲面白いので皆さん一度聴いてみてください。

 

観た映画:BLOOD RED SKY

星3つ

 

Netflix映画。ワンシチュエーションパニックホラー。で、だいたい映画のサムネイル画像+映画紹介コメントで抱くイメージそのままの内容の映画。

 

基本的にはそのシチュエーション及びアクションを楽しむ内容となっており、背景はほぼ明かされず謎のまま物語は最後まで突き進みます。決してつまらなくはないですが、なにかスッキリするような映画でもないです。

 

そしてどうなんでしょうねあのエンディング、ハリウッド映画だと別バージョンがあるような気もしますが。

 

2時間観ていられますが、内容的には2時間もかける話だったかなぁという感じはあります。あと私はホラーファンではないので、これによりおすすめがホラー色を増すのはやだなぁ・・

観た映画:カンフー・ジャングル

星2.5

 

ドニー・イェン師父のカンフーアクション。なんですが・・・・イップマンシリーズと比べるとだいぶおすすめ度が下がります。

最近何故かカンフー映画が観たくなって、とりあえずドニー・イェンさん出てるやつでサブスクで観れるものをはじから観てるのですが、観たことを書くのを忘れた程度の内容。

 

主人公はカンフーマスターで、警察の武術師範をやっていたのですが、不慮の事故で相手を殺してしまい服役中、なぜか市中では各種カンフーの達人たちが次々と不審死、犯人を追い詰めるために一時出所し当局と一緒に活動していく的な話ですが・・

 

うーん・・・この前観ただけなのに、なんでカンフーの達人たちが次々に襲われるのか、そもそも主人公あんま戦ってないというか・・・こうストーリーが希薄なんですよね・・・深みが無い。はっきりいって、Primeでみたものでいうと、恋の行方は師父におまかせの強烈キャッチコピーのカンフーリーグのほうがストーリー的には面白かった気がします。

 

BGV的に流し観するにはわるくないかもですけどね。

 

観た映画:シン・エヴァンゲリオン劇場版:||

星4つ

 

まず、公開から時間がほとんど経っていないのにAmazon PrimeでPrime会員なら観放題での配信は素晴らしい。もちろん全ての映画は大画面で観たほうが良いに決まっているわけだけど、このご時世ってこともあるし、良コンテンツは作成側の前提とする視聴環境出なかったとしても世の中に出回るべきであると私は思っている。作品は完成し公開した瞬間にパブリックなものであり、ある意味作者の手を離れるものだから。(収入源としての契約とかそういう話はまた別にして)。なので今回の英断はほんとに良いのではないかな。SNSでも一気に観た人が(私を含めて)増えてる事実もあるし。

 

そして長かった物語にそれなりに区切りがついた点。解釈はそれぞれあると思うけど、最終的にはマルチバース展開というよりは円環という作中表現からすると一つの世界観の繰り返し(リピートの記号からして明らかっちゃ明らか)。何しろこの映画は隠喩暗喩が各所に散りばめられているため、観た側が勝手にああでもないこうでもないと解釈してそれぞれの中で物語の再構築を行うというプロセスまで含めてエンターテインメントとしているのであまり言及するのもなんだけど。まぁストレートに最終回を定義した感じですよね。いろいろみんなで解釈をしあうのが楽しいんだけど、ある意味バシッと答えを突きつけられたこれで終わり感が良くも悪くもあります。

 

なんつーか、主人公たちが呪により歳を取らない設定と明になっている点と、かたや視聴者である我々は確実に年をとっており14年の空白どころかもう始まりからすると何年よという所もあり、そろそろ次いこうや感を感じます。おとなになるには遅すぎたけどね感も感じますが。(だってまだ、ウルトラマン仮面ライダーやらないとだしw)

 

そういう意味では本来この作品はTV版から積み重ねてきたストーリーへの回答であるので、(私自身はオンタイムではないのですが)観続けてきた人達は良くも悪くもつきものが落ちる構造となっていると思った次第。ただ新劇場版から観始めたような世代は、どこまで遡るべきなのか、いやそもそも其の必要もないのか、其の辺はどうなんでしょうね。若い世代の感想なんてものがあるならちゃんと書かれたものを観てみたい気もします。

 

さて、早くウルトラマン仮面ライダーがみたいのぉ

 

観た映画:砕け散るところを見せてあげる

星2.5

 

うーん・・・Yahoo映画でも結構星は高いんだけど私的にはここが限界か。

Yahoo映画で辛口評をつけてる何人かと全く同感なのだけど、雰囲気を作りに行こうとしてシナリオが唐突感が出てきてしまっている、ツギハギで本来もっと長く撮っているものを短くした感が観ている一般視聴者側でわかってしまう。そういう所が何箇所かあり激しく残念。

やたらと前半高校の玄関のシーンが多いのだけど、どうなんだろう・・・・私個人はそもそもあの辺のシーンに思い入れが合ったので映画を観たので、シーンごとに思う所はあるんですが、一般的には其の辺はどうでもよくてかったるいだけだよね。

 

あとタイトル、これ何なんだろうな。メタファーがやたらとわかりやすく映像化されてたり(UFO飛んでるとか)するので、タイトルもそのままなのかなぁ・・・・

正直どういうジャンルの映画かわからずに観てしまうとあれれ?感はありました。

これって一応サスペンスなのでしょうか・・SFやファンタジーも匂わせてるけど匂わせてるだけだったね。

 

叙述トリックっぽいところも重要な演出ででてきてはいるけど、で?そこにどんな意味が?特に最後のいくつかのカットは作りてのこんなの作りたかってん感がでててちょっとがっかり。

でも総じて評価は高いんだよなぁ・・・・うーん・・・・役者陣はなかなかよかったし、友達の妹もキャラがよかったけどね。途中泣き崩れる意味はわからなかったけど。

観た映画:ソードオブデステニー

星2.5

 

グリーン・デスティニーの続編らしいのですが、前作を見る前に鑑賞してしまった。

ストーリー的にはあまり影響なかったですが。Netflix映画。

で、我らがトレッキーにはフィリッパ・ジョージャウ船長として有名なミッシェル・ヨーさんがほぼ主人公?で、脇をドニー・イェンさんで、監督がユエン・ウーピン。って期待しないわけには行かないじゃないですか。

が、なんていうんでしょうか、悪い所がどこってわけじゃないんですが、印象としてはサラサラしすぎる感じでさらっとストーリーが流れてさらっと終わりました・・・・・

うーん・・・・・