観た番組:ストレンジャーシングス シーズン4

星4

今シーズンもグロテスクでそして大変面白かったです。今までと違って明示的な悪が現れたりしたのでちょっと雰囲気は変わりましたけどね。異世界のまったく相いれない異質な何かではなく、そこに人の意思が加わるってこと自体は賛否があったのではないかと思います。結果としてホラーテイストが強めに加わった今シーズンだったかと。

ネット情報では最後どうなるのか不穏な情報が多かったですが、まぁこの番組的にはああいう感じになるし、誰も死なずにはすまないってことでしたね。私個人の感想としては退場しちゃった人は割と好きなキャラだったので大変残念。

 

あと、ケイトブッシュは今シーズンのおかげで例の曲がチャートのトップ10入りとかほんと凄いですよね。実際大変いい感じで曲が使われていて最終回でも盛り上がります。別のアーティストの曲でも盛り上がりますけどね。マスター!。

 

ソ連は結局何だったのかというね。本質とは関係ない感じでしたよね。あっちパートはあっちパートで面白かったけど。エルの高校生活的なシーンは当方的にはいまいちでしたけどね、あそこを描いておかないと続かないってのもまぁそうなんですけどね。

 

読んだ本:小説 仮面ライダーディケイド 門矢士の世界~レンズの中の箱庭~

星3つ

私は仮面ライダーファンの昭和の子なのですが、平成ライダーも基本的には全部好きです。放送当時はあまり見てなくて配信で見直したものもいくつかありますが。

で、ディケイドですよ。テレビシリーズも映画もひとしきり観てますが、面白いんだけど今一つどういう話なのかが分からない。世界の破壊者なわけですが、そういわれる理由が大ショッカーの首領でしたとかそうじゃねーだろ感もあって、どうにも結局あれはなんだったのか?ジオウは実は2ディケイドなんじゃなかろか(実際出てるし)とかまぁわかったようなわからないような感はありました。

小説版の平成ライダーシリーズは案外読みごたえがあって、しかもテレビシリーズを補完する位置づけのものも多くファンにはわりと面白く読めるものが多いです。

この小説も基本はパラレルワールドの話ですがテレビシリーズを補完するような描写がいくつも含まれており、ちゃんとすっきり落ちが付きます。

鳴滝の正体も、ディケイドが破壊者たる所以も。そしてライダーの世界での登場人物はそれっぽい人ではなくオリジナルライダーの主人公たちが出てくるところもいいですね。特にカブトはいい感じで描けてると思います。最後はちょっと切ないですけどね。

 

読んだ本 アリス殺し 小林泰三

星4

 

面白かった。ミステリーになりうるのかな?と思って読んでいたけどミステリーでしたねしっかり。そして作者ならではのグロさもあり(後半戦が主)。もともと不思議の国のアリス自体がそういうテイストの作品でもあるし、うまい事描かれているなと思いました。続編に各種ヒロイン殺し的な作品群があるけどどうつながっとるんやろうなぁ・・

 

ネタばれになるので細かい感想は書けないですけどね。

 

そして、夢を見ることと小説を読むことって似てるなぁってこの作品を読んで改めて思った次第。

 

読んだ本:兇人邸の殺人

星3.5

屍人荘の殺人シリーズ第3作目

 

いったい私は何を読まされているんだろう感は、相変わらず半端ない感じ。作中でも触れられてるけど基本クローズドサークルミステリーのはずだし、相応の謎解き要素も盛り込まれていて、きちんと殺人事件が起こり最終的には犯人が誰だかわかって・・・という意味ではちゃんとしたミステリーなんだけど、舞台装置の設定のほうが面白くて、毎回そっちに興味があって読んでしまうシリーズ。

 

私はそういう意味でいうとミステリー好きなわけではないので、作者が一生懸命構築しているであろうミステリー要素は正直斜め読み(トリックの組み立てとか、構造定期な背景とかは)なのでその辺はご勘弁ください。

 

純粋にエンターテインメント性のある文章をぐいぐい読んでいきたいなという意味では大変今作も面白く読まさせていただきました。

 

同時期にNetflixでSTRANGER THINGS4を視聴していたので、どうしても印象が被ってきて正しく読後評価できてないかもだけど・・・

 

X205TAのバックアップ

 

いまさら感満載ですが、ちょっとOS変えようかと思ったのでddでバックアップとってます。

適当なLiveLinuxでBootします。X205TAは32BitのUEFI対応じゃないとBootしない説あり。(今回はunetbootbinでgpartedのlive-usb版を焼きました)

ターミナル画面で

dd if=/dev/mmcbkl0 | gzip -c > hogehoge.img.gz

でバックアップを取りました。

戻しは

gzip -dc < hogehoge.img.gz | dd of=/dev/mmcbkl0

とする予定。

SDカードが入ってるとブロックデバイスの番号が変わってたりするので要注意です。

(それでちょっとはまった)

 

観たNetflixドラマ:アナザーライフ

Netflixのoriginalドラマであるアナザーライフ。

リメイク版のギャラクティカで、スターバック役で好演していた、ケイティー・サッコフさんが女性船長役で主演。結構お年を召しちゃったね感もありましたが、それはそれで良かったです。吹き替えも同じ本田貴子さんでしたので違和感なし。

ストーリー的には突如やってきた謎のオブジェをめぐり、宇宙に出たサルバーレ号。いろいろすったもんだあって、再び地球に・・的な、往きて帰りし物語の話型で進む話です。

話型的にはテンプレートで、よくある話ですが、ちゃんとシーズン2で綺麗に落ちがつくので、欧米のドラマシリーズにありがちな盛り上げるだけ盛り上げて尻切れトンボではなかったかな。

 

まぁ最後は結構あわてて回収したよねストーリー感もありましたがその分飽きずに勢いよくシーズン2は観れました。シーズン1はちょっとそういう意味だとだるいかなぁ・・・船内の人間ドラマっぽいところにフォーカスしていたので。

ぜひシーズン1観た方は2も観てくださいませ。

 

 

 

観た映画:ヘルボーイ(2004)ディレクターズカット版

星3.5

以前にも一度観ているはずなのですがすっかり忘れていて普通に楽しく見ました。

ヒロインのリズ役のセルマ・ブレアさん、その後フランクザッパの息子さんと結婚したり、別れたり、多発性硬化症を発症したりしていろいろあったみたいですね。

 

映像の端々にデルトロ監督らしさがにじみ出ており、怪獣映画というかクトゥルフ映画ぽい雰囲気もあって良かったです。設定上はキリスト教的な世界観でオブラートに包んでますがありゃまさにラブクラフト世界観のほうがすっきり来ますね。

 

続編のゴールデンアーミーも観ないとな(多分こっちも過去に見てるけど)